仙台のデータ復旧なら特急データ復旧ウィンゲットにお任せ!サーバー・RAID・NAS・PC専用のハードディスク無料診断!特急でデータ復旧いたします。

  1. データ復旧 >
  2. 特急データ復旧 仙台 >
  3. データ復旧可能機器 >
  4. ハードディスクhdd復旧 >
  5. 症例23 誤ってフォーマットを行なってしまった外付けHDDからのデータ復旧に成功しました!

2013.6.6

スピード復旧成功しました★★★★★

成功事例23 誤ってフォーマットを行なってしまった外付けHDDからのデータ復旧に成功しました!

機器/メーカー/型番/モデル/HDD構成
  • 外付けHDD/Transcend
  • StoreJet 35T TS1TSJ35T
  • 1TB
    1台構成
復旧成功までの時間
診断時間/復旧期間 30分/72時間

お客様からの症状

業務データの保存先として外付けHDD(StoreJet 35T TS1TSJ35T)を使用していました。

今回、作業中にいきなり「フォーマットが必要です」といったエラーが表示されてしまい、その時にそのまま「はい」のボタンを押してしまったのです。

その結果、当たり前ではありますがハードディスクの保存データの全てが消えてしまっている状況です。

業務で使用していたデータはこのハードディスクにしかない状況でしたので、何とか復旧をお願い致します。

診断内容

弊社の診断ツールにて外付けHDD(StoreJet 35T TS1TSJ35T)内のハードディスクを診断した結果、内部のハードディスク自体にも論理的な障害が確認出来ました。

復旧結果

外付けHDD(StoreJet 35T TS1TSJ35T)から80%以上のデータの復旧に成功しました。

専門スタッフの対応・コメント

今回は誤ってハードディスクをフォーマットしてしまったというご依頼でしたが、そのフォーマットの際に「フォーマットして下さい」というエラーが表示されたとお伺いしました。

そして診断の結果、ハードディスク自体の障害が原因でフォーマットの要求がされたのだと判明しました。

このフォーマットエラーが発生してしまうと、通常の接続では全くデータが確認できなくなってしまうため、フォーマットを行わなかったとしても結局のところデータへのアクセスは出来ない状態となっていたでしょう。

しかしながら、一旦フォーマットを行なってしまうと保存されていたデータへの影響が少なからずあり、今回は全体として8割程度の復旧率となりました。

お客様の最重要のデータは幸いな事に無事でしたので事なきを得ましたが、やはりフォーマットされた場合での復旧率は低くなりがちです。
フォーマット後にデータの新規書き込み等を行わないことでデータの復旧率が非常に変わってきますので、もしお客様が誤ってフォーマットを行なってしまった場合は、すぐに電源を切り、専門業者にご相談下さい。

データ復旧のプロであるリプラスがお客様のデータを復旧いたします。

>>

ハードディスクの下記のようなエラーは、操作やソフトの誤動作などによる障害 (論理障害)や、ハードウェアの故障などが原因の障害(物理障害)で起こります。

ロゴ画面から、先にすすまない。

黒い画面にエラーメッセージが表示され先にすすまない。

青い画面に英語のエラーメッセージが表示され、止まってしまう。

英語のメッセージが出て止まってしまう。

MACが起動しない。

フォーマットしますか?と表示されデータが見えない。

カチカチ、変な音がする。

ブザー音が止まらない !

ステータスランプが点滅して認識しない!



データ復旧の時によく寄せられる 危険な自己修復例

例1. メーカーに修理に出す

メーカーサポートによる修理は、ハードディスクが交換され新品の状態で戻ってきます。

故障機器自体は完璧に動くようになりますが、 ハードディスク内のデータを 捨ててしまったことになり、失うものも大きいです。 メーカー修理に出す前に、データ復旧によりデータを救出してください。

例2.リカバリーを行う・リビルドを行う

ハードディスクが物理的な故障でなければ、リカバリーをすれば、パソコン自体は動くようになります。
しかし、ハードディスク(HDD)内のデータは消えてしまいます。

そこから、あわててデータ復旧させることも可能ですが、保存していたデータはバラバラになり、データ復旧するには、データを一つ一つ組み合わせていかなければいけません。
そのためには、専門知識と多くの経験が必要です。
リカバリーをする前にデータ復旧によりデータを救出してください。

3.ハードディスクを 自分で分解する

素人がハードディスクを分解するとメーカー保証が効かなくなるだけでなく、症状を悪化させ、完全にデータを破壊し、データ復旧が難しくなることがあります。

ネットなどで調べて、安易にハードディスクを素人が分解してしまうと、メーカー保証は効かなくなります。
さらに症状をより悪化させ、重度の状態にしてしまうことや、致命傷を与えて完全にデータを破壊してしまうことになることもあります。
ハードディスクは、精密電子機器です。HDDの物理障害は、破損が大きければ、クリーンルーム等の設備で解体を行い、不良箇所(ヘッド交換やモーター、ROM交換)の交換を行うような特別の環境でデータを復旧を行います。分解修理は専門家に任せましょう。

ウィンゲット 仙台 にデータ復元なら今すぐお電話下さい

ハードディスクデータ復旧対応可能システム

どんなハードディスクの機器のデータ復旧をご希望ですか?

  • DE/EIDE
  • SCSI/SCSI-2/SCSI-3
  • WIDE SCSI
  • SCSI-SCA
  • ATA/Ultra-ATA
  • DE/EIDE
  • SCSI/SCSI-2/SCSI-3
  • WIDE SCSI
  • SCSI-SCA
  • ATA/Ultra-ATA

  • 起動しない
  • 突然ブルースクリーンが表示された
  • エラーメッセージが表示され、再起動を繰り返す
  • フォーマットされていませんと表示される
  • 異音を発しメディアが認識されない
  • ハードディスクが正しい名前で認識されない
  • ハードディスクが認識されない
  • チップが燃えた
  • ハードディスクがスピンしない
  • パーティションを削除した
  • 火災・水害・落雷などによる故障
  • バックアップデータの破損
  • ウィルスによるダメージ
  • ディレクトリ/ファイル/データの破損
  • ディレクトリ/ファイル/データの消失
  • パスワードを紛失した/忘れた
  • パーティション操作上のミス
  • 誤って削除してしまった
  • 誤ってファイルを上書きした
  • 認識されない
  • フォーマットした
  • パーティションを解放した
  • 2台以上のディスクが故障した
  • RAIDのアレイ損傷
  • RAID構成情報の不良
  • RAIDコントローラーの故障
  • RAIDのDISK故障RAIDコンフィグ情報を上書きした
  • RAIDセッティングを誤って上書きした
  • 保守管理上のミス
  • 誤って削除してしまった
  • ハードディスク・アレイをフォーマットしてしまった
  • パーティションを削除・フォーマットした
  • ハードディスクの交換に失敗した
  • 誤ってDBファイルを上書きした
  • 従業員による背信行為
  • 水没した・外的衝撃を与えた
  • フォルダ・ファイルを操作(移動・コピー・貼り付けなど)ができない

論理障害・物理障害などハードディスクの障害の種類問わず対応可能です

機械的ハードディスク故障の原因
  • アクチュエーターの故障
  • 不良セクター
  • HDDコントローラーの故障
  • PCB(HDD基盤)の損傷
  • ヘッドクラッシュ
  • モーターの固着
  • ベアリング損傷
  • ヘッドアンプ障害
  • プラッターの損傷
  • ハードディスクシステムエリアの障害
  • プラッターのアライメント狂い
  • プラッターの熱膨張/歪み
  • メンテナンストラック障害
  • ファームウェア障害
  • 水没などによるプラッターの汚染
  • 電源不良
  • 発熱に起因するプラッター障害
  • 振動・衝撃による故障

仙台のお客様まずはお電話ください。相談・初期診断無料

まずはお電話ください。相談・初期診断無料

お気軽にご質問・お申し込みください!

お客様区別
氏名
※必須
氏名 
法人名
TEL
※必須
 例:0123456789
※日中、ご連絡可能なお電話番号をご入力下さい。
E-mail
※必須

※日中、ご確認可能なメールアドレスをご入力下さい。
お申込み種別
故障機材
※必須

ご質問・ご依頼

内容

個人情報の取り扱いについて

上記の記入が終わりましたら、送信ボタンを押してください

※1:即日返却等、通常返送以外の送料は、実費ご負担頂きますので、ご了承ください。

※2:RAID、特殊フォーマットなどの場合、別途追加費用が発生する場合がございます。

仙台のデータ復旧TOP